自分の作品に向けられた嘲笑をどうとるか。「ふざけた作品だ」もしくは「もっとセンスの良い奇抜なのがあるわい」ととるか。「中途半端な表現だ」ともとれるが、ピカソにまで馬鹿にされていたとは知らなかった。奇をてらってる訳じゃない、自分の表現を追求するだけだ