パリはマロニエ 銀座は柳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍艦マーチの作曲で有名だが、愛国行進曲もこの人。この歌の作詞は、懸賞で選ばれ、なんと地元にある境港の印刷会社で勤めていた青年の作った詩が選ばれた。「見よ東海の空あけて、旭日高く輝けば」これはまさに美保湾から大山を神々しく照らす朝日の事だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避けられなかった、日米開戦を、戦後になって日本人は「あそこで我々がいけなかった」とか「我々はあそこが悪い」とか言う、自己批判の分析をこぞってやりはじめた。それに対し、皮肉をこめて小林は言う。

 

「この大戦争は一部の人達の無智と野心とから起ったか、それさえなければ、起こらなかったか。
どうも僕にはそんなお目出度い歴史観は持てないよ。僕は歴史の必然性というものをもっと恐しいものと考えている。
僕は無智だから反省なぞしない。利巧な奴はたんと反省してみるがいいじゃないか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翼なき身を なんとしよう